深川皮膚科


= 診察内容 =

--------------------
一般皮膚科
--------------------

虫さされ、かぶれ、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、蕁麻疹、乾癬、白癖、ニキビ、単純ヘルペス、帯状疱疹、水いぼ、いぼ等の治療を行っております。

アトピー性皮膚炎
 簡単に言うと皮膚のキメが荒い状態です。キメが荒いため、皮膚の水分も蒸発しやすくなり、カサカサ乾燥肌になります。そうなると外からハウスダストなどの外来抗原が入ってきやすくなります。入ってきた抗原に反応して炎症、かゆみが生じます。そして掻いてしまうため、さらに炎症、かゆみが増してしまいます。
 これらにはアトピー素因というアレルギー体質が関係しています。幼児期までは食物アレルギーが関係していることもありますが、成人で関係しているのはほとんどがハウスダスト、ダニ、花粉に対するアレルギーです。

脂漏性皮膚炎
 皮膚の脂(皮脂)の分泌が多い顔、頭、わきなどに起こります。頭のフケ症の原因でもあります。マラセチアというカビ(真菌)が皮脂を分解し、その成分に反応した皮膚炎と考えられています。
 石けん、シャンプーでやさしく洗った後に、ステロイド外用剤やカビを殺す外用剤(抗真菌剤)を塗ります。カビを殺す石けん、シャンプーも有効です。
 体質的なものなので完全に治るわけではありません。治療を続けているといい状態が保てますが、時期によって悪化することもあります。

皮脂欠乏性皮膚炎
 空気の乾燥する冬場によく見られます。かさかさした乾燥肌になり、かゆみのため引っ掻いて起こった皮膚炎です。年齢とともに皮脂の分泌量も減ってくるため、お年寄りに多いです。
 まずは石けんを使ってゴシゴシこすらないことです。そして入浴後すぐ保湿剤を全体に塗り(予防)、かゆみのあるところにステロイド外用剤を重ね塗りしてもらいます(治療)。かゆみが少なくなれば、保湿剤だけを塗ってもらいます。

白 癬
 白癬菌というカビ(真菌)によって生じる感染症です。白癬菌は高温多湿を好むため、じめじめした足の裏、足指の間などに起こりやすいです。足は水虫、爪は爪水虫、股はいんきんたむし、体はたむし、頭はしらくも、と呼ばれます。
 足の水虫はお風呂できれいに洗った後に、カビを殺す外用剤(抗真菌剤)を塗ってもらいます。大事なことは、毎日塗ることと、よくなった後もさらに1カ月程度は塗ることです。患部をできるだけ乾燥させるようにしてください。また他人にうつるため、バスマットやスリッパなどは共用しないで下さい。
 爪水虫は外用だけでは治りませんので、内服治療になります。内服には約半年毎日飲む方法と、「パルス療法」があります。「パルス療法」とは、1週間薬を飲み、3週間は飲まないという4週間を1サイクルとして、それを3サイクル繰り返す方法です。どちらの方法も肝臓に負担がかかることもあるため、肝臓の弱い方は飲めません。内服中は血液検査で肝機能が悪くなっていないか調べます。しかし残念ながら、治癒率はどちらの方法も80%程度で、必ず治るわけではありません。

蕁麻疹
 蕁麻疹はかゆみを伴いミミズ腫れのような皮膚の隆起が突然できる病気です。そしてその皮膚の隆起は数時間で消えてしまいます。食べ物や薬が原因のこともありますが、実は蕁麻疹の70%が原因不明の蕁麻疹(特発性蕁麻疹)と言われています。
 原因がはっきりしている場合は、できるだけそれを取り除きます。治療の基本は抗アレルギー剤の内服になります。大事なことは、蕁麻疹が出なくなっても、1週間ほどは薬を飲み続けることです。そうしないと再発することが多いからです。

乾 癬
 赤みを伴って、乾燥した白い垢が厚く付着し、それぽろぽろとはがれ落ちる慢性の皮膚病です。一種の免疫反応の異常により生じると考えられていますが、原因はわかっていません。感染症ではないので人にうつる心配はありません。
 治療はステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤を使います。ナローバンドUVBも効果的です。重症の場合はビタミンA(チガソンR)や免疫抑制剤であるネオーラルRを内服してもらいます。しかし根本的な治療法ではないので、よくなったり悪くなったりを繰り返します。根気強く治療を続けることが重要です。

にきび(座瘡)
 毛穴がつまり、毛穴にある脂腺から皮脂の分泌が増え、ニキビ菌(アクネ桿菌)が増殖して、炎症がおこったものです。ホルモンバランスの乱れる思春期に多いですが、ストレス・生活環境などで大人になってからも起こります。
 スキンケアで皮脂をしっかりとることと、ニキビ菌を殺す抗生物質の内服、外用を行います。
最近、アダパレン(ディフェリンRゲル)という新しい外用剤が発売されました。これは毛穴のつまりを取り除く薬です。要するに新しいニキビをできなくする薬なので、予防的に広めに塗ってもらいます。2週間以内に赤みやひりつきなどの副作用がおこります。

単純ヘルペス
 ヒトの神経組織に入り込む「単純ヘルペスウイルス」による感染症です。1型と2型の2種類があり、1型は顔面に、2型は陰部などに起こります。小さな水ぶくれが多発し、ピリピリした痛みがあります。1週間程度でかさぶたになって治りますが、やっかいなのは再発するということです。
 治療は抗ウイルス薬の内服、外用になります。部位や症状の程度により使い分けます。症状が出たらできるだけ早く治療をはじめることが重要です。
性器ヘルペスはバルトレックスRの再発抑制療法で再発を防ぎます。

--------------------
手術(要予約)
--------------------

月曜日、金曜日の13:30からです(要予約0955-73-1540
ほくろ、こぶ(粉瘤、脂肪腫)、イボ(脂漏性角化症)などが対象です。気軽にご相談ください。

■ 手 順
1) 写真撮影
2) 消毒、局所麻酔
3) 切 除
4) 縫 合
5) 術後の注意点
6) 抜糸および結果説明

--------------------
特殊治療
--------------------

ナローバンドUVB療法
 きわめて狭い波長(310〜312nm)の紫外線を照射する治療です。発癌に関与する波長を取り除いてあるので、安全と言われています。乾癬・類乾癬・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎・尋常性白斑・菌状息肉症に保険適用がありますが、そのほか慢性痒疹などにも効果があります。 即効性はありませんが、基本的には週1回の照射を継続することにより、治療効果が出てきます。

巻き爪ワイヤー矯正
 巻き込んでいる爪に2ヶ所穴を開け、超弾性ワイヤーを通して、超弾性ワイヤーの「まっすぐに戻る」力を利用して、爪を矯正していきます。月1回のワイヤー入れ換えを3〜6回程度することで、まっすぐになります。

Quality of wound healing(QOWH)
 以前は、傷は消毒して乾かすようにし、絶対に濡らしてはいけないと言われていました。しかし最近は、傷は消毒せずに、水道水で洗って、湿潤させたほうが、はやく、きれいに治ることがわかりました。また受傷直後から、フィブラストスプレーを使用したほうがということもわかっています。
 当院では、傷の消毒はせずに、水道水で洗浄し、フィブラストスプレーや穴あきポリエチレンを積極的に用いています。また薄型ハイドロコロイドのビジダームも取り扱っています。

円形脱毛症に対する局所免疫療法(SADBE)
 SADBE (squalic acid dibutyl ester)による局所免疫療法を行っています。
 週1回、脱毛部に外用することでかぶれをおこし、発毛を促す治療になります。最初は低い濃度から開始し、徐々に濃度を上げていきます。

男性型脱毛症
 プロペシアを取り扱っています。男性型脱毛症(AGA : Androgenic alopecia)の進行を抑える薬です。半年以上継続して内服することでAGAの進行を抑えます。
  28日分で10000円です(保険外診療になります)。

イボ(尋常性疣贅)
 疣贅は「ゆうぜい」と読みます。ウイルス性のイボです。
  通常は液体窒素による凍結療法をしますが、お子さんなどで痛みが強い場合は、痛みのない以下の3つの治療も行っています。
1) オキサロール密封療法 2)ステリハイド 3)SADBE

水イボ(伝染性軟属腫)
 おもに子供がかかる、ウイルスの病気です。
 通常は、ピンセットで除去するだけでしたが、痛がるので困難な場合もあります。当院では硝酸銀ペーストによる痛みのない治療も行っております。


[0]トップへ戻る


Copyright(C) 2009 Fukagawa Skin Clinic All rights reserved.